お問い合わせ

TEL
06-6355-4545
E-mail
info@df-sgs.co.jp

3D計測システムは点群によるデータで空き容量(ボリューム)の確認が可能!クレーンを使う現場の安全対策にも

サーマルカメラ・レーザースキャナー・3Dスキャナーで安全対策

サーマルカメラ・レーザースキャナー・3Dスキャナーで安全対策

サーマルカメラ・レーザースキャナー・3Dスキャナーなどを取り扱う【株式会社SGS】では、様々な現場での作業がスムーズ、かつ安全に行えるようサポート致します。

工場で人が入れないような場所の安全確認や、土砂崩れなどの災害が起こる危険がある場所の安全対策、防犯のための監視、データ収集・分析・配信などの作業のシステム化など、企業にとって必要なあらゆる作業に関してのサポートが行えますので、【株式会社SGS】が取り扱う3D計測システム・サーマルカメラ・レーザースキャナー・3Dスキャナーなどに興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

3D計測システムは点群によるデータで空き容量(ボリューム)の確認が可能!

3D計測システムは、点群によるデータで空き容量(ボリューム)の確認が可能です。例えば、石炭や鉄鉱石ヤードを3D計測システムで計測すれば、それらが積み上がった形状を瞬時に計測して、その体積・表面積・山の偏りなどを把握することができます。

また木材や鋼材などのストックヤードでは、在庫状況の把握に利用できますし、造成現場の土量や産業廃棄物処理場の空き容量(ボリューム)をリアルタイムで計測することも可能です。密度の濃い点群データを取得して座標管理をすることにより、多様な要求に応えます。3D計測システムによって取得されたデータを次の工程を行う機械に送ることにより、ロボット技術などによる自動化の効率を高め、全体の業務フローを最適化することが可能となるでしょう。

3D計測システムならクレーンを使う現場の安全対策にも

3D計測システムならクレーンを使う現場の安全対策にも

3D計測システムは、クレーンを使うような現場の安全対策にも利用できます。大きなクレーンを利用する現場では、十分な安全対策を立てる必要があります。

3D計測システムにより、クレーンで運ぶ物の状況がわかるため、安全に作業を行うのに役立つでしょう。3D計測システムは、「ストックヤード・造成現場・土木工事・産業廃棄物処理場・ゴミ焼却施設・港湾施設・発電施設・各種製造ライン」などの現場で活用できます。

お役立ちコラム

3D計測システムをお探しなら【株式会社SGS】

社名 株式会社 SGS
本社 〒530 - 0051 大阪市北区太融寺町2-22 梅田八千代ビル4階
電話 06-6355-4545
URL http://df-sgs.co.jp