お問い合わせ

TEL
06-6355-4545
E-mail
info@df-sgs.co.jp

レーザースキャナーのデータ処理は【株式会社SGS】へ(計測からCADデータの変換まで外注が可能)~データ処理が必要な理由とは?~

レーザースキャナーのデータ処理の外注は【株式会社SGS】へ~計測からCADデータの変換まで対応~

レーザースキャナーデータ処理は何かと手間がかかるものです。レーザースキャナーを用いた計測が難しい場合、外注を検討するかと思いますが、業者によっては計測のみに対応しCADデータの変換には対応していないというところもあります。【株式会社SGS】は、レーザースキャナーによる計測はもちろん、データ処理を行いCADデータに変換した上でお客様に納品しております。一括して外注できますので、レーザースキャナーによる計測は【株式会社SGS】へお任せください。

レーザースキャナーのデータ処理に悩む前に【株式会社SGS】へご相談を

レーザースキャナーのデータ処理に悩む前に【株式会社SGS】へご相談を

レーザースキャナーのデータ処理や計測のことは【株式会社SGS】へご相談ください。【株式会社SGS】はレーザースキャナーを用いた計測・データ処理を行っており、お客様の要望に応じてあらゆる対象物の計測・データ処理に対応致します。

また、レンタル・販売にも対応しておりますので、レーザースキャナーの製品をお求めの方も、お気軽にお申しつけください。外注・レンタルのお問い合わせにつきましては、サイト内の専用フォームにて承っております。

レーザースキャナーのデータはなぜ処理が必要なのか?

レーザースキャナーのデータはなぜ処理が必要なのか?

レーザースキャナーによる計測で収集したデータは、そのまま使用できるわけではありません。点群データを収集した後は、データ処理を行って「CADデータ」に変換する必要があります。この「データ処理」という過程が必要な理由は、データの精度を上げるためです。

通常、レーザースキャナーを用いたスキャンは1度で対象物の形状を読み取れるわけではなく、複数回スキャンした上で収集した点群データ同士を結合させ、対象物の形状を整えていかなければなりません。また、収集した点群データの結合のみならず、スキャンできなかった箇所の補完や修正、ノイズ処理といったことも必要であり、こうした処理の一つひとつが精度の高いデータを生み出します。

データ処理は専門知識を要するだけでなく、大きな手間がかかるのが一般的です。【株式会社SGS】は、お客様に代わってデータ処理を施した上でCADデータとして納品致します。

お役立ちコラム

レーザースキャナーのデータ処理なら【株式会社SGS】

社名 株式会社 SGS
本社 〒530 - 0051 大阪市北区太融寺町2-22 梅田八千代ビル4階
電話 06-6355-4545
URL http://df-sgs.co.jp