お問い合わせ

TEL
06-6355-4545
E-mail
info@df-sgs.co.jp

レーザースキャナーのデータ処理・計測は【株式会社SGS】へ(高精度なレーザースキャナーで建築における測量に対応)~レーザースキャナーによる図面の復元について~

レーザースキャナーのデータ処理・計測は【株式会社SGS】にお任せ~高精度なレーザースキャナーで対応~

レーザースキャナーのデータ処理・計測は【株式会社SGS】にお任せ~高精度なレーザースキャナーで対応~

レーザースキャナーデータ処理・計測の依頼を検討している方は【株式会社SGS】へお申しつけください。

【株式会社SGS】は、レーザースキャナーのデータ処理や計測依頼のほか、高精度なレーザースキャナーのレンタル・販売にも対応しております。全国対応可能となっておりますので、沖縄から北海道まで地域を問わずお気軽にご相談ください。

レーザースキャナーのデータ処理は【株式会社SGS】へ~建築における測量に迅速に対応~

レーザースキャナーのデータ処理・計測を一括でお任せできるのが、【株式会社SGS】の強みのひとつです。レーザースキャナーの計測は高精度なデータが収集できる一方で、データ処理に時間・手間がかかるのがネックとなります。【株式会社SGS】へお任せ頂くことにより、データ処理に煩わされることなく質の高いデータの取得が可能です。レーザースキャナーの計測・データ処理につきましては、ホームページ上でお申込み可能です。建築における測量にも迅速に対応致しますので、ぜひお申しつけください。

レーザースキャナーを用いた図面の復元について

レーザースキャナーを用いた図面の復元について

建設当時の図面と現状の図面に大きな差異があるのは、決して珍しいことではありません。これは、建設時期が古い構造物であるほど、その傾向が強いといえます。

例えば、古い構造物は竣工時の図面が残っていないケースがあるほか、幾度となく増改築が施されているにも関わらず、建築当時の図面のままであるケースも考えられます。図面の復元を行うことは、建物の耐震性を把握する上で必要となるばかりでなく、今後の増改築の検討が容易になるという利点もあります。

しかしながら、建設業界の方が現状の構造物の図面を新しく引くとなると、そこに人材を割く必要があります。難なく人材を投入できる企業様であれば問題ありませんが、そうでない企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

【株式会社SGS】は、レーザースキャナーを用いた計測・データ処理のご相談を承っております。レーザースキャナーによる計測は、外部への委託を検討してみてはいかがでしょう。

お役立ちコラム

レーザースキャナーのデータ処理なら【株式会社SGS】

社名 株式会社 SGS
本社 〒530 - 0051 大阪市北区太融寺町2-22 梅田八千代ビル4階
電話 06-6355-4545
URL http://df-sgs.co.jp